デリカD:5の歴史|三菱デリカD:5倶楽部

デリカD:5の歴史


デリカD:5倶楽部

デリカD:5の歴史(年表形式)

2005年10月、東京モーターショーにてアウトランダー、7代目ランサー/ギャランフォルティスのプラットフォームをベースにしたコンセプトカー『Concept-D:5』が公開された。

2006年10月30日、車名を「デリカD:5」にすることを発表。「D:5」はデリカの5代目を意味する。

2007年1月12日、東京オートサロンに市販モデル出展。

2007年1月31日、販売開始。この時点では4WDのみ。哺乳類の肋骨の様な4つの環状型の骨格構造(リブボーンフレーム)と、アンダーボディには大型のクロスメンバーと低床設計を採用。リブボーンフレームは、三菱のルーツでもある航空機の設計が元となっている。従来モデルよりも乗車位置を低くしたことや、オンロード/ダート向けのサスセッティングにしたことで、従来モデルで懸念されることのあった横揺れを軽減した。4WDは従来モデルより全高とステップ高が大幅に低くなっているが、最低地上高は逆に高くなっている。アウトランダーのプラットホームを採用し、FFベースに一新された。搭載されるエンジンは、4B12型2.4L直4エンジン。トランスミッションは全車CVTとなった。他メーカーミニバンの売れ行きを参考に、従来モデルよりも小さな2.4Lモデルのみとしたとされるが、三菱が誇るMIVECを搭載したことやボディの軽量化により加速性能に優れる。デリカのアイデンティティである悪路走破性能を強調するため、発売当初はすべて4WDだった。

2007年5月22日、2WDモデル「C2」および、これをベースとしたエアログレード「ROADEST」(ローデスト)発売。

2007年10月17日、「ROADEST」に4WDモデルを追加。

2007年10月、東京モーターショーに3列目シートを撤去して4人乗りとし、専用の2列目シート、テーブルなどを装備した「エグゼクティブ」を参考出品。

2007年12月25日、スターワゴンやスペースギアでも設定された冬季特別仕様車「CHAMONIX」(シャモニー)を発売。バッテリー容量を拡大したほか、前席シートヒーター、速暖式リヤヒーターや、運転席電動パワーシートなどを装備。2列目シートをキャプテンシートとした7人乗り仕様も用意。

2008年1月、東京オートサロンに「ROADESTエグゼクティブ」を参考出品。

2008年5月25日、一部改良。特別仕様車「CHAMONIX」で採用されていた2列目キャプテンシートの7人乗り仕様を一部グレードに標準設定するほか、同じく「CHAMONIX」で採用されていた電動パワーシートやシートヒーターも一部グレードにオプションとして追加設定された。さらに、助手席電動スライドドアを装備した「M-Power package」を追加。また、「ROADEST」には4WD車に「カスタマイズパッケージB」を追加。

2008年10月30日、昨年に引き続き特別仕様車「CHAMONIX」を発売。今回は「G-Navi package」をベースに、「CHAMONIX」の専用装備やMMCS(HDD方式カーナビゲーション)、タッチパネル式地上デジタルTVチューナーなどを装備。専用色として新たにライトブルーメタリックを追加。

2008年12月24日、一部改良。Mを除く全車にビルトインETCを、4WD車はバッテリー容量アップなど寒冷地仕様が標準装備化された。なお、グレード体系も変化し、2WD車の「C2 S」に替わって、4WD車の「M」と同等の装備内容とした「C2 M」を追加。また、「M-Power package」並びに「ROADEST」の一部(2WD車の「S」と4WD車の「M」)がそれぞれ廃止された。

2009年2月4日、2WD車の「C2 G-Power package」をベースに、装備を厳選しながらも7インチワイドディスプレイHDDナビゲーションシステム(MMCS)や木目調のインテリア、4WD車と同じフロントグリルを装備した特別仕様車「EXCEED」を発表。2月24日より販売される。

2009年7月2日、「G-Power package」をベースにした特別仕様車「EXCEED II」を発売。同年2月に発売された「EXCEED」のバージョンアップ仕様で、今回は環境対応車普及促進税制に適合されている4WD車も設定される。「EXCEED II」の4WD車は2WD車と同等の特別装備と厳選装備に加え、16インチタイヤとアルミホイールを装備している。

2009年11月5日、4WD車のみ一部改良(発売は同年11月11日より)。エンジンやCVT制御の見直しを行い、燃費を向上。このため、平成22年度燃費基準+25%を達成し、既に適合されている環境対応車普及促進税制の減税額が50%から75%に引き上げられた。また、「M」を除く全てのグレードに新デザインのハイコントラストメーターとカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを採用。「ROADEST」では黒調ヘアラインのセンターパネルとメッキ処理のダイヤルを採用。さらに、坂道発進を容易にするヒルスタートアシスト、急減速時やABS作動時にハザードランプを高速点滅させて後続車に緊急制動を伝え危険を促すESS(緊急制動信号システム)、乗降時にポジションランプやヘッドライトを30秒間点灯し、夜間の乗り降りに安心感を与えるウェルカムライト・カミングホームライト機能(「M」を除く)を追加。ボディカラーも一部見直しを行い、2トーンカラーは新色2色を含む5色に、モノトーンカラーは既存の3色に減らした一方、「ROADEST」はコズミックブルーマイカを追加した。同時に特別仕様車「CHAMONIX」の第3期モデルを発表(11月20日販売開始)。アウタードアハンドルや電動格納式リモコンドアミラーにメッキを施し、専用エンブレムを装着。ダークグレーの内装と本木目&本革巻ステアリングホイール、インパネ部やアッパーグローブボックスには木目調を採用。また、運転席パワーシートやシートヒーター(運転席・助手席)も装備された。さらに、DVDソフトの再生や家庭用ゲーム機を接続して楽しむDVD内蔵後席9インチワイドディスプレイとバンパーコーナー部にコーナーセンサーを装備した。

2009年12月24日、2WD車をマイナーチェンジ(発売は2010年1月13日より)。エンジンを燃費性能に優れた4B11型 MIVEC 2.0Lエンジンに変更し、燃費を大幅に向上。これにより、「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、既存の4WD車と共に環境対応車普及促進税制に適合した。また、外観を4WD車と同一デザインに変更し、ボディカラー・インテリア・装備・機能も4WD車と装備内容の統一を行った。これを機に2WD車のグレード名称であった「C2」を廃止し、4WD車と同じグレード名称になった。また、同日に特別仕様車「EXCEED II」を再発売。ベース車両を「M」に変更し、2WD車にも16インチタイヤとアルミホイールを装着。従来の7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション(MMCS)に加え、ビルトインETCも装備された。

本気で遊ぶなら、デリカD:5

Copyright (C) 三菱デリカD:5倶楽部. All Rights Reserved.