デリカの歴史|初代(1968年〜1979年)

初代(1968年〜1979年)


デリカD:5倶楽部

■三菱デリカ初代(1968年〜1979年)

1968年7月1日:600kg積高性能コマーシャルトラック「デリカ」発売。コルト1100と共通の1100cc・OHVガソリンエンジン(KE43)搭載で、最大出力58ps。このクラスでは初の3人乗り。

1969年4月:デリカ(トラック)をベースにした1BOXタイプとして、9人乗りの乗用モデル「デリカコーチ」(ワゴン)と、当時クラス最大のスペースユーティリティを誇る「デリカライトバン」「デリカルートバン」を発売。

1971年10月:トラックを最大積載量を750kg積に変更し、デリカ75シリーズとなる。エンジンはギャランFTOの1400ccモデルと共通の1400cc・OHVガソリンエンジン(4G41・ネプチューンエンジン)に換装。最大出力86ps。

1974年:マイナーチェンジで1400ccモデルは三角窓が廃止されると同時にフロント周辺のデザインを大幅に変更し(4灯式ヘッドランプおよび左右非対称フロントバンパー)デリカ1400シリーズとなる。従来の三角窓・2灯式ヘッドランプを用いたフロントフェイスデザインを採用したモデルは全てランサーの1200ccモデルと共通の1200cc・OHVガソリンエンジン(4G42・ネプチューンエンジン)に換装されデリカ1200シリーズに格下げとなる。

1976年5月:乗用モデルのコーチが廃止(なお、乗用モデルは1979年のフルモデルチェンジで「スターワゴン」として復活)。

1977年: トラックにホイールベースを150mm延ばした1t積車追加。

1978年3月:デリカ1600シリーズ(4G32・サターンエンジン・1600cc・SOHCガソリンエンジン)を追加。バンにハイルーフ仕様車を追加。バンの1.6L車は積載量が0.75t化される。

サンプル画像



Copyright (C) 三菱デリカD:5倶楽部. All Rights Reserved.